【雑記】情報の整理整頓って大事だよなって

整理整頓で大事だなって今更思うんです。子供の頃から、小学校いいや幼稚園でもお片付けの大事さは教わります。その時はその大切さを表面的にしか理解できてなくて、見た目が綺麗で気持ちいいからとかそれくらいの理由でやらないといけないって感じで。実はそれは本質じゃないんじゃないかなって思ってきている。

整理整頓の意味

整理と整頓の意味を調べたらこんなふうに書いてあった。

整理

整理は、乱れた状態にあるものを整えること、不要なものを取り除くことを意味する。 整理の「理」は、道理や理論などに使われる字で、「物事の筋道」という意味があり、筋道に沿うよう整えるのが「整理」である。

整頓

整頓も、整った状態にする、かたづけることを意味するが、整理のように不要なものを取り除くという意味はない。 整頓の「頓」も「整える」という意味で、とにかく整えること、正しい位置にきちんと置くのが「整頓」である。

引用:「整理」と「整頓」の違い

なるほど、自分の場合は整頓はしても整理はしてない感じかも。これをいうとちょっと前まで色々と話題だった断捨離とかミニマリストとかにつながっていきそう。やり過ぎは良くない。でもやらなすぎも良くない。

いくら整頓しても、ものが沢山あったら整頓しきれない。棚だって、引き出しだって限界があるだろうし、物理的に収納スペースを確保しようが、目的のものを早く探すのは難しくなってくるはず。

仕事の上で扱う情報に関しても同じなんだなって思うことがあって、情報がいくら沢山あっても、垂れ流しで受け取るだけ受け取って整理をしない状態で整頓しても、自分の思うようにアクセスできない。そんなんじゃいくら情報を持っていても意味がない。

ただ、意図もなく流し、流したけど流したことを忘れて、アチラコチラから突かれる感じ。これは目も当てられない感じ。ちっと辛い。

忙しい時とか、錯綜している時だからこそ情報の整理整頓が必要なんだな。サッと必要なものを引き出して、サッと表に出すのをスムーズ出来ないと沢山の情報を持っていて、且つ、それがいくら魅力的なものであっても、アクセス性が悪いだけで全くの無価値に近いものになることが多い。時間をかけて探しても優位性を失うし。

道具なんてなんでもいいから、情報を取り纏める作業をやったほうがいいなと改めて実感した。時間的なコストが増えても、最終的に早道になることが多い。

物事を為すには準備が8割ってよく教わりました。準備を怠ると失敗につながる。全てはここにつながるのかなと。

【雑記】Gitって作家とかが使うとかなり良さそう

zsh_git_dirty

これって本当に便利じゃないって感じる。ローカルのリポジトリでバージョン管理するだけで相当便利だと思う。折を見て、良きタイミングでコメントしてコミットをしておけば、本当に便利だなって思う。差分も見れるし、文章を修正した履歴もみれるし、便利だよね。

一人で管理するのも便利だけど、文字校正をする場合は、branchを切って修正をしてもいいと思うし、それをマージするという使い方がかなり便利そう。実際に自分もそう使っているし、DropboxとかEvernoteの代わりにもなるんじゃないかって思って使っております。iOSでGitをもっと手軽に扱えるアプリが出ればいいなと思っておるのですが・・・。coda2とか使えるんだっけ?でもちょっと高いよね。

なにか良いアプリないかな

【アプリ】Bywordを積極的に使い始めた

これはとても便利だなと思い始めた。もっと使えば良かったとちょっと後悔しております。 今になって便利さに気が付くなんて遅すぎたと思う。特にiOS版は本当に便利じゃないかなと思う。

買った後別途購入する追加機能がブログを運用している人にとっては本当に便利機能だと思う。 是非使ってみてみてください。publishingという追加機能です。これを購入するとMarsEditを使う機会が減ると思う。軽いので自分の使っている古いMacにはちと重いので・・・。

上記のサービスの投稿出来ます。 Bywordで書いて、draftとしてブログに投稿して最終的にブログの管理画面で仕上げる流れが結構美しいかなって思う。

Mac

Byword
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

iphone ipad

Byword
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

MarsEdit

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化

青春の一冊

青春の一冊ということですが、青春を感じる一冊と点で何かをかければと思っております。 なんと言いましょうか。こんな青春時代を過ごしたかったなという本であればこれですかね。ありきたりですが・・・

四畳半神話体系(森見登美彦

こんな青春時代を過ごしていたかもしれないけれど、明らかに濃度が濃くて楽しそうな大学生活を感じる事が出来るお話で、ワクワクする作品でした。冴えない男が、色んな人に出会って、影響を受けていく話。とっても面白くて羨ましくなる。

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

夜のピクニック恩田陸

高校生が学校行事でひたすら歩く話。24時間かけて決められたコースを歩く。それだけの話だけど、色んな思春期のあれこれがあって、色々な感情が引っ張り出される。良い作品だと思います。

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

いとみち(越谷オサム

津軽に住む女子高生の話。とってもシャイで話をすることも・・・・。こんな女の子が何故がメイド服を着て、喫茶店でアルバイトをすると言う話。おばあちゃんがロック好きの三味線引きなところとか、個性的な人物も魅力的ですね。

いとみち (新潮文庫)

いとみち (新潮文庫)

階段途中のビックノイズ(越谷オサム

これは青春ですね。まったく羨ましい。軽音部の青春ストーリーですよ。とても青春してます。高校時代に戻りたいと思わせた作品ですね。実は先生も・・・。とっても面白い。

階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)

階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)

まだ、沢山あるけれどこのくらいにしておきます。

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine

テスト投稿

テスト投稿です

 

aaaaaaa

 

aaaaaaaa

 

aaaaaaa